ナイトワークnavi

ナイトワークnavi

風俗業界はアベノミクスに逆行している!?

image

みなさん、こんにちは!

今日は風俗業界の今を表している記事をみつけましたので、そのことを書きたいと思います!

その記事によりますと、アベノミクスでモノやサービスの価格が高騰する一方で、風俗業界の価格は減少傾向にあるということでした!

(※元記事『【1万円ソープ急増】風俗がアベノミクスに逆行する理由』)

ソープとはもともと高級を売りにしているお店がほとんどだったのですが、最近ではどれだけ安いかを売りにしているお店が多いと、わたし自身も感じてます。

今回の記事では、なぜこのような現象が起きているのか、私なりに考えてみたので、是非参考にして頂ければと思います!

風俗業界はアベノミクスに逆行している!?

1.価格が低下傾向にあるのは、この業界で働く子が増加傾向にあるから!?

アべノミクスで他の製品やサービスが高騰している理由としましては、安倍政権の経済政策として、為替を円安方向に大きく傾けたせいで、海外からの原料の輸入価格が上がっているのが理由として上げられます。

風俗業界は、海外との取引があるわけではないので、特にこの影響は受けません。

ただ、家計の支出が増えたことにより、風俗などの娯楽費への紐が固くなったのは事実です!

月収30万円の人が、今までは月25万円で生活してて、5万円が自由に使えるお金だったのに、それが、月の生活に27万円かかるようになり、自由なお金が3万円に減ってしまったら、風俗に行くお金を渋るかもしれませんよね。

さらに、生活が困難になってくると、今度は風俗業界で働こうとする方が増えてきます。

経済の法則で、需給の法則というのがあるのですが、供給と需要の量によって、価格が変化するという法則です。

例えるなら、この世に食べ物がリンゴしかなくて、リンゴの木が1本しかなかったら、リンゴ1個の価格というのは、1億円になるかもしれませんし、リンゴの木が、100万本あれば、リンゴ1個の価格は、100円以下になるかもしれません。

このように、需要に対して供給が少なすぎると、価格は上がりますし、供給が多すぎると、価格は下がります。

 

前置きが、長くなりましたが、これを風俗業界に当てはめてみようと思います!

風俗業界というのは、需要に関しては、基本的に毎年変わらず一定だと言われています。

需要というのは、風俗を利用する男性の数のことです。そして、風俗業界の供給というのは、働く女の子の数のことです。

近年、風俗業界で働く女の子は増加傾向にあります。

つまり、需要が一定で変化がないのに対して、供給は増加傾向にあるということです。

先ほどの法則に当てはめると、価格が下がるということになります。

これが風俗業界で起きている、価格低下の原因だと私は考えています。

 

2.これからの風俗業界での賢い働き方とは!?

上で述べたように、価格が低下傾向にあることは間違いありません。

このような傾向の中で、今までと変わらずに稼いでいくためには、どうすればいいのか?

そのためには、自分のランクから一つ落としたお店で働くのが重要だと、私は考えています!

例えば、ソープには高級店、中級店、大衆店というものが存在しますが、高級店レベルの子は、中級店で、中級店レベルの子は、大衆店で、大衆店レベルの子はなるべく価格が低めのところで働くということです!

男性目線に立って考えてみると分かりやすいのですが、中級店に行ったときに、高級店レベルの子と遊べたら、間違いなく得をした!と思いますよね。

そうすると、そのお客様はリピーターになってくれる確率が高くなりますし、リピーターが増えれば、稼ぎは安定しますよね!

(※参考記事『風俗でお金を稼ぎ続けている人が実践している2つのこと』)

 

分かりやすい例を挙げると、今の世の中の人は、服を買うときに”ユニクロで買うか、伊勢丹で買うか”ということです。

 

まとめ

風俗業界の価格減少は、これから先も変えられない事象です。

もし、今稼ぎが伸び悩んでいる方や、これから風俗業界で働いていこうと考えてる方は、このことを頭に入れて、働くお店を吟味してもらえればと思います!

 

お店選びでお困りの方に… 

当サイトでは、毎月100件以上の風俗関係のご相談、お店の紹介に対応しております!

最近では、出稼ぎに関する相談も多数受け付けてます!

質問でも何でも結構なので、お気軽にお問い合わせ下さい!

LINE ID : kanda63(スマホの方は、左のIDをクリックすれば直接友達追加画面に飛びます)

メールアドレス : dekasegi_tonai@yahoo.co.jp

 

Return Top