ナイトワークnavi

ナイトワークnavi

風俗(デリヘル・ソープ)で本指名を3倍取るための会話術【心構え編】

風俗(デリヘル・ソープ)で本指名を3倍取るための会話術【心構え編】

 

「本指名を制するものは、風俗を制する」

box091002-1a

 

なんて言葉は実はないのですが、本指名が増えると、それだけで風俗での稼ぎというのは、グッと上がるので、とても重要な要素になります。

本指名とは、一言で説明するとリピーターのことを指します。

経営の神様として有名なピータードラッカー(もしドラの人です)は、こう言いました。

売り上げの8割はリピーターから生まれる

つまり、あなたの風俗での稼ぎの8割はリピーター、つまり本指名から生まれるのです!(ちょっと言い過ぎ)

本指名につながるかどうかは、プレイの内容も大事ですが、接客の間ずっとプレイをしているわけではありません。

当然、お客様と「会話」をしなくてはなりません。

そこで、今回の記事ではその会話をしていく中で、重要な「心構え」についてご紹介していきます。

この記事が、あなたの本指名獲得の助けになれば幸いです!

 

風俗(デリヘル・ソープ)で本指名を3倍取るための会話術【心構え編】

⒈会話で一番意識をしてほしいのは「主導権」

少し分かりづらい説明をしますが、我慢してついてきてください。

会話をしていく中で、あなたが一番意識をすべきは、お客様に会話の「主導権」を与えることです。

会話の主導権とは、あなたとお客様のどちらが中心になって会話を展開しているかということです。

この主導権に関しては、持っている方が会話をしていて楽しいし、満足を得ることができます。つまり、主導権を得るべきは、お客様である男性の方です。

よく陥りやすい、悪い例を挙げます。

“あなた”

今日はお休みなんですか?

“お客さん”

そうだね。

“あなた”

どういう関係のお仕事なんですか?

“お客さん”

不動産関係だよ

“あなた”

そうなんですね…休みは多いのですか?

“お客さん”

まあまああるかな。

“あなた”

そうですか……

この会話例は、かなりあからさまに男性の反応を悪くしていますが、この会話のように、あなたがお客様に質問ばかりをしているような状況になっていませんか?

この場合の会話の主導権は、あなたです。男性からしたら、一方的に質問をされているので、何も楽しくないです。本来なら、会話の主導権を握るべきはお客様である、男性の方なのにです。

このようにあなたが、一方的に質問ばかりをするような会話の展開は男性も嫌だし、あなたも「次はどんな質問をしよう…」となって、会話が苦しくなると思います。

これでは、本指名なんて夢のまた夢ですね。

それでは、このぶっきら棒なお客様に会話の主導権を握らせるためには、どうしたらいいのでしょう?

 

⒉会話はギブ&テイク!むしろ最初のうちはギブ&ギブ!!

会話の主導権を相手に握らせるためにはどうしたらいいのか?

それは、相手のことを聞くのと一緒に、あなたのことも話すことです。

自分に置き換えて考えてみてください。初めて会話する人に、自分のことを話したいと思いますか?

相手のことが、どんな人かも分からないのに、自分のことを話したがる人は、そんなにいないと思います。

お客様の状態は、まさにそんな状態です。

あなたももちろん、初めてのお客様には自分のことを話したくないかもしれません。

でも、あなたはお金をもらってサービスを施しているので、初めて会ったお客様にあなたのことを話す必要があります。

先ほどの会話例に、ギブ&ギブを入れてみます。

“あなた”

今日はお休みなんですか?

“お客さん”

そうだね。

“あなた”

羨ましいですね!私は今日は3連勤目ですよ!あっ、でも〇〇さんとのエッチは楽しいから時間が過ぎるのが早いですー

“お客さん”

そう?そう言ってもらえると嬉しいな。結構忙しいのかな?

“あなた”

おかげさまで、忙しくさせてもらっています!ちなみにお仕事は何関係のお仕事ですか?

“お客さん”

不動産関係だよ

“あなた”

不動産関係ならお金持ちなんじゃないですか?(笑)私は、この仕事の前は商社のOLとかも実はやっていたんですよ

“お客さん”

へー、そうなんだ。なんでこの仕事をやるようになったの?

“あなた”

お金をもっと稼ぎたくて(笑)というのと貯金をして海外旅行にたくさん行きたいと思って選びました!この仕事だと出勤とかも自由に決められるし。お休みは多いのですか?

“お客さん”

休みは、まあまああるかな。海外はどこに行きたいと思ってるの?

“あなた”

まずは、オーソドックスにハワイに行きたいなって思ってます♪

“お客さん”

ハワイかー。俺は行ったことあるけど、とてもいい所だよ!

 

どうでしょうか?

最初の会話例と基本は一緒ですが、あなたが自分のことを話すことによって、男性が少しづつ心を開いていってるのが、分かりますよね!

これは、うまくいくように私が話を書いているので、こういう風には会話が進まない可能性もありますが、少なくとも最初の会話例よりは、話が楽しく進みそうですよね!

このように、自分の身の上の話をしていけば、男性も「この人はどういう人なんだろう?」という興味が湧いてくるので、自ずと相手からの質問も増えてきます。そうすれば、男性に会話の主導権を徐々に渡していくことができますので、男性も自分自信の話をしながら、あなたのことも聞いてくれるようになります。

こうなったら、相手はあなたに心を開いてくれたようなものなので、プレイ自体も楽しくなるし、リピーターになってくれる可能性が一気に高まります!

 

⒊怖がらずに自分のことを話してみよう

「自分のことを話したら、うざいと思われないか?」

こんな風に、感じる方もいらっしゃると思いますが、先ほどの会話例にもあったように、自分から自分のことを喋ってくれる男性の方はなかなかいないんです。(少しはいるかもしれませんが)

そんな空気の中で、一方的にこちらから質問ばかりをしても、空返事をされるだけです。

本気で、その人の心を開かせるためには、まずは自分が心を開いてみることから始めてみましょう!

自分のことを話すのも仕事だと思えば、少しは気が楽になると思いますので、初対面のお客様には自分の話をして、少しでも相手に、あなたに対して興味を持ってもらえるように心掛けましょう!

 

まとめ

今回紹介した方法は、心理学的には「自己開示」というそうです。

私も、今ググって知りました(笑)

この方法は、初対面の人と接する機会がかなり多い風俗業界に、ぴったりな心理学のテクニックなので、実践したことがない人は、ぜひ一度お試しください!

ちなみに、最後に注意点をひとつ!自分の情報は小出しにして、全部あなたのことばかり話さないようにしましょうね!

そうしたら、ただの自己満足になりますので。あくまで、会話のきっかけとして、この方法はご利用ください!

それでは、本日もお読み頂きありがとうございました!

 

 

Return Top