ナイトワークnavi

ナイトワークnavi

風俗求人サイトに「面接で落とされないお店」のリストは作れるか?

面接記事

みなさん、こんにちは。

ナイトワークnaviの神田です。

今回は最近見つけた、「風俗の仕事」について書かれた記事を読んで、考えた事を紹介したいと思います!

この記事は、「はてなブックマーク」というブックマーキングサービスでも、たくさんブックマークされている記事でしたので、たくさんの方が、注目している記事かと思います。

※元記事 風俗の安全化と活性可のための私案ーセックスワーク・サミット2013

この記事の中で、著者は「当事者」「経営者」「周辺ビジネス(求人サイト)」「社会や国」「民間」で”やってほしいこと”に関して、言及しています。

私の会社は、その中の「周辺ビジネス(求人サイト)」に該当する会社ですから、周辺ビジネスとして”やってほしいこと”が実現できるのかどうか、私なりに考えたことを紹介したいと思います!

 

風俗求人サイトに「面接で落とされないお店」のリストは作れるか?

1.周辺ビジネスとして”やってほしいこと”

①「面接で落とされないお店」や「必ず今日から働けるお店」のリストを掲載して欲しい。

②大学生って就職活動をするときにリクナビなどの就活サイトを使いますよね。あれの風俗就活サイトがあるといいなと思います。そのサイトの書き込みで、「このお店は誓約書を書かせる」とか「コンドーム使えない」とか書いてあれば、ブラック風俗店も淘汰できるんじゃないでしょうか。

 

①に関して、

「面接で落とされないお店」のリストは正直作ることはできます。

ただ、そういったお店は、女の子に払われるお給料がとても低いお店で、なおかつ求められるサービスはハードになることがほとんどです。

上記の記事の中では、「鶯谷デッドボール」や「デンジャラス札幌」が挙げられていましたが、いずれも大変良い店舗で、しっかり経営をなさっている店舗になります。ただ、女子給は普通の風俗店と比べると、とても低いのが現状です。

なので、「私なんか何店舗も落ちたから、この2つのお店にいったほうがいいんだ」と考えるのは、私は少し待って欲しいと考えています。

もしかしたら、今まで受けてた店舗のカラーに合ってなかっただけかもしれないし、高級なところばかり受けていただけかもしれない、からです。

なお当社では、このお店選びの苦労や、煩わしさを解消するために、女の子の希望や条件を、その子の容姿や年齢と照らし合わせ、採用されてなおかつ、一番納得して頂ける店舗を紹介するようなシステムを採用しております。

普通の求人サイトはどうしても、お店から”掲載料”をもらって、求人を載せている形になるので、お店ごとに差別することができません。なので、どの店舗を選ぶかは、女の子に任せっきりにしかできません。

その点当社は、掲載料をもらっているわけではないので、1人1人の女の子に”一番合った”お店を提案することができます。

なので、当社からお店を紹介する際は、面接を受ける人の面接態度がよっぽど悪くない限りは、落ちることは、ほぼありません。

なので、当社の意見としては、「落ないお店のリスト」を作るよりかは、その方に一番合ったお店を提案することが、一番女性のためになると考えております。

同じ理由で、「必ず今日から働けるお店」も一緒に提案することができます!

 

②に関して、

風俗就活サイトに関しては、私も絶対あったほうがいいと思っているサービスです。

実際にそこのお店で働いている女性の生の声を聞くことは、そこのお店で働こうと考えている女性にとっては、一番気になる情報の一つであるからです。

一応そういう掲示板は、現在、存在するのですが、知名度の高い店舗に関して情報が集まっており、はっきり言って情報不足だし、古い情報も混じっているのが、現状です。

もっと、集客ができて、なおかつ、みんなが協力して書き込みができるような、風俗就活サイトの構築は急務であると私も考えております。

ただ、そういったサイトを作るためには、そのサイトを閲覧している人の数が一定数いないと機能しません。

また、風俗のお店で働いている方に、そのサイトを知ってもらうことが前提条件となってしまいますし、そのサイトに書き込みをするメリットも何か用意しなくてはなりません。

問題は色々ありますが、当社でもいずれは着手していく予定です!

 

まとめ

風俗の仕事の周辺ビジネス(求人サイト)は、まだまだ未発達な部分が多いです。

ただでさえ、ダークなイメージのある風俗の仕事を、女性が安心して始めるためには、私たち「求人サイト」がやらなくてはならないことは、まだまだたくさんあると私は考えております。

当社は、これからも、女性が安心して利用できる求人サイト作りに精進していきますので、今後とも応援のほう、宜しくお願い致します。

 

Return Top