ナイトワークnavi

ナイトワークnavi

【うわっ・・・私の年収低すぎ?】~現代の女性が風俗を始める理由~

年収低すぎ

現代の女性の68人に1人は、キャバクラなどを含む、ナイトワークに従事したことがあるという統計が出ています。

この数字は、年配の女性も含まれているので、20代に限ってこの統計を取ると、もっと多くの女性が、ナイトワークの経験があるという結果になるでしょう。

この現状を受けて、あなたはどう感じるでしょうか?

多いと感じるでしょうか?それとも少ないと感じるでしょうか?

どちらにしても、少し昔に比べると、夜の仕事への垣根が低くなっているのは、間違いがない事実です。

その理由の一つとしては、女性の平均年収の低さが挙げられます。

そこで今回の記事では、女性の平均月収の低下を受けて、何故現代の女性が風俗の仕事を始めるに至るのかについて、紹介したいと思います!

 

【うわっ・・・私の年収低すぎ?】~現代の女性が風俗を始める理由~

1.女性の平均年収の推移

まずは、下記の20代女性の平均年収の推移を見てください。

平均年収推移

(※参照 24年度、国税庁「民間給与実態統計調査」)

 

この統計を見ると、20代女性の平均年収は右肩下がりであることが分かります。

特に20代前半女性の平均年収に関しては、15年前と比べると、30万円以上も下がっています。

24年度の20代前半の年収を月収に直すと、月収18.6万円です。これに所得税や、年金が自動的に取られるので、実際の手取りは15万弱ほどになります。

そこから、家賃、保険、食費、光熱費、通信費などの必ずかかる費用を引くと、月に自由に使えるお金は、ほぼなくなるのではないでしょうか。

20代前半の女性と言えば、まだまだプライベートも充実させたい年頃であるので、この平均年収では、かなり我慢している方が多いのが現状だと言えるでしょう。

 

さらに厳しい現実があります。

下記のグラフは、30代女性の平均年収の推移です。

平均年収30代

(※参照 24年度、国税庁「民間給与実態統計調査」)

 

このグラフから、30代になっても平均年収が20代のときと比べても、あまり上がっていないのが分かります。

さらに30代後半になると、30代前半より平均年収が下がるのも分かります。

つまり、年齢が上がったとしても、収入がほぼ増えないのです。

これらの統計から、分かることをまとめると、

 

  1. 20代女性の平均年収は、年々下がっており、月の収入に直すと、自由に使えるお金を確保することは難しい。
  2. 30代になったとしとも、ほぼ収入は上がることがなく、30代後半になると、再び減少してしまう。

ということが言えます。

 

2.上記の現状を受けて、現代の女性が風俗の仕事を始める理由とは?

1で現代の女性の平均年収は年々減少傾向にあり、月々に必ずかかる生活費を引くと、ほとんど自由なお金を確保できないことを、述べました。

この章では、1の現状を背景に、何故女性が風俗の仕事を始めるに至るのか、また、どのような業種で、どれほどの収入を得ているのか、について紹介したいと思います!

(※今回取り上げる女性は、あくまで「こういった理由で働いている女性が多い」ということで紹介しています。特定の女性を特定したものではないので、その点はご了承ください。)

 

【ケース1】月々の自由なお金を確保したい女性

1章で述べたように、現代の女性は月々の自由なお金を確保するのが、とても難しいのが現状です。

それでも、欲しい服はもちろんありますし、交際費なども捻出しなくてはなりません。

こういったお金を確保するために、風俗の仕事を始める女性は多いです。

[働き方]

週に1,2回、性感エステやヘルスのお店で働き、お昼の仕事とは別に、月10~20万円ほどの収入を得ることができます。

月に10~20万ほど自由に使えるお金があれば、好きな服も買えますし、交際費にも困ることはないですよね。

 

【ケース2】借金が50万円ほどある女性

借金が10~20万ほどであれば、まだどうにか返していけますが、50万円を超えてくると、返すのが困難になり、風俗の仕事を始める人も増えてくるようです。

50万円というと、平均年収のおよそ5分の1くらいの額になるので、普通に返す事は、困難でしょう。

なので、借金を返済するために、風俗の仕事を始める方も多いです。

[働き方]

お昼の仕事をやっている女性は、週末や、平日の何日かを使って、週に3~4回ほど、ヘルスのお店で働き、月に30~40万ほどの収入を得ることができます。その生活を2ヶ月弱続けることで、借金を完済することができます。

また、昼の仕事を特にやっていない女性に関しては、1日の稼ぎの保証が出る「出稼ぎ風俗」を利用し、1日の保証を4万円打ってもらうことにより、2週間出稼ぎに行き、借金を完済することができます。

普通に返していたら、何年かかるか分からない借金も、風俗の仕事であれば、額によっては、1~2ヶ月ほどで完済することも可能なので、メリットが大きいですよね。

 

【ケース3】次の仕事までのつなぎの仕事が欲しい女性

1章の統計で分かるように、現代の女性は、なかなか貯金がしづらいのが現状です。

また、派遣のような形態で働いている女性も多く、次の派遣先が決まらないまま、派遣期間が終わることもあると聞きます。

そういった場合に、つなぎの仕事として、風俗の仕事を始める女性も多いです。

風俗の仕事は辞めるときに、すぐに辞めることができるので、そういった点も利用しやすいようです。

また、風俗の仕事は1日に稼げる額が大きいので、毎日出る必要もないので、面接などの予定も立てやすいのも、メリットです。

[働き方]

週に2~3回、セクキャバやヘルスのお店で働き、月に20~30万ほどの収入を得ることができます。

週に2~3回であれば、次の派遣先の面接の予定も立てやすいですし、日払いでお給料がもらえるので、生活に困ることもありません。

また、次の派遣先が見つかったときには、風俗の仕事はすぐに辞めることができるので、すぐ切り替えることができます!

なので、つなぎの仕事としても、メリットは大きいですよね。

 

まとめ

繰り返しになりますが、女性の平均年収は年々減少傾向にあります。

そんな中、上記のような理由で風俗の仕事を始める女性も多いのが現状です。

風俗の仕事は、まだまだダークなイメージの強い仕事ではありますが、利用の仕方によっては、とてもメリットの多い働き方です。

もし、上記のような理由で、お金に困っていることがございまいたら、風俗の仕事を一度検討してみるのも、良いかと思います。

 

当サイトには、初めて風俗の仕事を始める上での、注意点をまとめた記事がたくさんございます!

興味のある方は、下記の記事の中から気になるトピックをお選びください。

初めて風俗で働くときに注意すべき6つのポイント

お金を稼ぐ方法としての風俗のメリットとデメリット

風俗の仕事って実際1日どれくらい稼げるの?【種類別編】

風俗未経験の人でも始めやすい3つの業種

 

Return Top