ナイトワークnavi

ナイトワークnavi

インタビュー記事|予約で埋まる某風俗嬢にインタビュー

 

満員御礼

 

今回は某風俗店でいつも予約が埋まるという、とある嬢にインタビューすることができたので、その記事を書きます。

どうやって他の嬢と差別化してるのか、ということに重点を置いてインタビューしてきたので、参考にしてもらえばと思います。

なお今回はインタビュー形式で書くことにします。

インタビュー記事|予約で埋まる某風俗嬢にインタビュー

 

主「今日は貴重な時間を頂き、ありがとうございます(^^)」

嬢「とんでもないです。ご飯奢ってくれるって聞いたのでついてきました!笑」

主「あっ、はい。遠慮せずに何でも頼んで下さい…(泣)

 

 

主「早速ですが、○○さんはいつも出勤すると予約で埋まるということでしたが、具体的に気をつけてることって何かありますか」

嬢「うーん、特に思いつかないです…」

 

主「まあ、すぐには思いつかないよね(^^;;   なんかお店の方から聞いたんだけど、接客したお客さんの特徴とかを書いたファイルを作ってるんだって?」

嬢「そうですね。今も持ってますよ」

 

ドサッ、

 

すごい量のファイルが出てくる。

 

主「すごい量だねΣ(゚д゚lll)これって今まで接客したお客さんの分全部あるの?」

嬢「ほぼ全員分ありますね。」

 

主「すごいね。これってどういったことが書いてあるの?差し支えない範囲で教えてもらえると助かります。」

嬢「接客したときにどういった内容を話したかとか、その人の特徴とか、どういったサービスをしたかを簡単に書いてます。」

 

主「へー(・・;)これは誰かにするよう言われたの?」

嬢「自分でつけるようにしました。何か、前に本指名で来てくださったお客様に『前来たときにした話だけど、覚えてる?』って言われて正直覚えてなくて、お客様が残念そうにしてたことがあったんですよ。」

 

主「うんうん。」

嬢「それで、申し訳なくなって一人一人どういう話をしたかメモするようになって、ついでだし、どういうサービスをしたかとかも書くようにしたんです。」

 

嬢「本指名のお客様にまた会ったときに、メモしてたことの話題を自分から振ってあげると喜ばれることが多いですね。『覚えててくれたんだ!』みたいに」

 主「それはそうだよね。お客様はしっかり覚えてるから本指名したのに、嬢からは何となくしか覚えられてなかったらヘコむよね(^_^;)」

 

嬢「そうですよねー。このメモをつけるようにしてお客様のことをしっかり覚えようと心がけ始めたころから本指名が増えだしましたね」

主「そういった心遣いが他の嬢との差別化に繋がってるのかもしれませんね。」

嬢「そうだとしたら嬉しいですね(*^^*)」

 

主「他には何かないかな?ちょっとしたことでもいいから(^^)」

 

嬢「緊張を解いてあげることですかね?」

主「具体的には?」

 嬢「中にはこういう遊びが初めてのお客様もいらっしゃるので、向こうが緊張してる様子だと、『私もまだ慣れてなくて緊張するんですー』みたいに声をかけたり、逆にお客様があからさまにエロい感じで来た場合にはそのノリに乗ってあげたりとかですかね」

主「なるほどねー」

 

主「相手に合わせてあげるってことが大事ってことですね。」

嬢「そうなりますかね。」

 

嬢「あとはお客様の私物には極力触らないようにしてます。」

主「服とかは畳まないの?」

 

嬢「お客様のなかには、自分の持ち物が取られないか心配する方も結構いらっしゃるので、私物には触らないようにしてるし、どうしても触らないといけないときはお客様に一声かけてから触るようにしてます。」

 

嬢「ただ、一緒にお風呂に入るときとかはお客様の目の前で服は畳んであげるようにしてます。あくまでお客様が見てるときにしか触らないって感じですね。」

 主「へー、本当細かいところまで気をつけてるんだね。」

 

主「ちょっと突っ込んだことを聞いても大丈夫ですか?」

嬢「…は、はい」

 

主「どうしてもこういうヘルスのお店で働いてると本番強要とかしてくるお客様がいると思うけど、○○ちゃんなりのかわし方って何かあるの?」

 嬢「確かに多いですね。私は可愛く笑顔で『500万円です(^^)』って言いますね!」

 

主「…!?」

嬢「500万円っていうとあからさまに冗談じゃないですか?あくまでお客様の『本番やらして』っていう言葉を冗談と受け取って、自分も500万円って言って冗談を言ってる風に返すんです。」

 

主「それを言われたお客様の反応はどんな感じなの?」

嬢「ほとんどのお客様は笑ってくれますよ。こっちは満面の笑顔で言ってるので逆に笑ってもらえないと困ります。笑」

 

主「その後は?」

嬢「そのままプレイを続けるって感じですね。それでもしつこく言ってくるお客様は『怖いですぅー』とか『まだ出会ったばっかりの人とこういうことするのは…』みたいな感じであくまで自分が悪いからできないみたいにして、決してお客様のせいにはしません。」

 

嬢「あからさまに嫌がって空気を壊してしまったら、それもそれでもったいないので…」

 主「それでも言ってきたら?」

 

嬢「さすがにお店に言います。それは店長さんからもこれくらい言ってもダメだったら言っていいと言われてるからそうしてます。」

 嬢「ただ、ここまで言ってやってきたお客様はほぼいないですけどね。」

 

 主「やっぱ本番強要してくるのって若い子が多いの?」

嬢「バラバラですね。若い子は百歩譲って『若いからありあまってるんだろうなー』って思って軽くたしなめますけど、あからさまに40代とかで言ってくると『てめー、散々やってきただろ、この野郎(*`へ´*) 』って思いますね。笑」

 

主「○○ちゃん、結構面白い子だね!笑」

嬢「そんなことないですよー。」

 

主「プレイが早めに終わったときって話したりすることが多いと思うけど、そういうときってどういう話してるの?」

 嬢「私はお客様とミニゲームしたりしますね。例えはプレイで使ったティッシュとかがあれば、それをゴミ箱に投げて入ったら頭を撫でて下さい!入らなかったら慰めてもらうために頭を撫でて下さい!みたいな!笑」

 

主「それはすごい技だな( ̄ー ̄)笑」

嬢「逆にお客様がやってくれそうな場合は、入ったらハンドマッサージしてあげます。入らなかったら、罰ゲームとして私のハンドマッサージを受けてもらいます♡みたいな」

 

主「(小悪魔だ!笑)へー、すごいね!」

嬢「どっちにしてもお客様にメリットがあるようにしてあげるのがポイントですね。」

 

こうしてインタビューは終了しまして…

主「色々話聞かせてもらってありがとうございました。」

嬢「いえいえー」

 

主「最後に何か言いたいこととかありますか?」

嬢「○○さん(←主の名前)も今度お店に遊びにきて下さいね(*^^*)」

 

主「あっ、…はい。」

嬢「今はいって言いましたからね」

 

主「あっ、………はい。」

 

初めてのインタビューということで、終わってからもっと聞いとけば良かったっていうこともたくさんあったが、それは次回に活かすことにします。

この記事を参考に、いくつか真似をして実践してみて下さいね。

 

インタビュー記事をもう1つ更新しましたので、こちらも併せてご覧下さい!

インタビュー記事PART2|出稼ぎ風俗に行っている女性

 

また、この記事以外にも稼ぐための、記事がいくつかございますので、参考にしてみて下さい!

風俗で稼げないときの5つの対処法

風俗でお金を稼ぎ続けている人が実践している2つのこと

写真指名の数が急増!?明日からできる写メ日記テクニック

 

風俗での働き方にお悩みの方にお願いがあります!

  • なかなか上手く稼げない…
  • 私はこのお店で働いていて大丈夫なのか…
  • もっと稼げるお店はないのだろうか…

このような疑問を抱いているのは、あなただけではありません!

この業界は、なかなか相談相手がいないのも事実…

一人で悩んでいても、あなたの貴重な時間が無駄に消費されていくだけです。

当社では、月間100件以上のお仕事のご相談の受付、ご紹介を行っております!

上で挙げたような悩みを持っている方は、下のLINEかメールのほうに、一本ご連絡頂ければ、解決策を示すことができます!

どんな相談でも結構ですので、一度あなたのお悩みをお聞かせ下さい!

お待ちしております。

 

LINE ID : kanda63(スマホの方は、左のIDをクリックすれば直接友達追加画面に移動します)

メールアドレス : dekasegi_tonai@yahoo.co.jp(クリックするだけで、送信画面に移動します)

 

Return Top