ナイトワークnavi

ナイトワークnavi

風俗で働いてる人が一度は考えるお店の「掛け持ち」の実態と稼ぎ

風俗で働いてる人が一度は考えるお店の「掛け持ち」の実態と稼ぎ

風俗のお仕事は、時給というものが発生せず、その日に何人を接客したかによって給料が変わるお仕事になります。

なので、たくさん稼げる時は、一日に10万円以上稼げるときもあれば、一日に0円のときもあります。中には、ずっと0円のときが続いて生活もままならないという相談を受けるときもあります。

その時に私がオススメしているのが、お店の「掛け持ち」です!

ただ掛け持ちは禁止にしているお店が多いのも事実。お店としては、お店に女の子がいないと経営ができなくなってしまいますので、これは当然の措置だと思います。

では、女の子の立場からしたらどうでしょうか?

月の稼ぎが20万円のときもあれば、40万円のときもある、少ない時は10万円と少ししか稼げないとなると不安になるのは当然だと思います。なので今回の記事では、禁止されながらも、掛け持ちをやっている方のやり方や、稼ぎの安定具合に関して、ご紹介させてもらえればと思います。

 

風俗で働いてる人が一度は考えるお店の「掛け持ち」の実態と稼ぎ

⒈働く地域によって掛け持ちのやり方は変えたほうが良い?

まず働く地域によってベストな掛け持ちのやり方がみなさん異なります。

①最初に東京で働いている方は、そのままその都内で掛け持ちをしている方が多いです。それは、東京は風俗店が圧倒的に多いのでバレにくいからです。

ただみなさんバレないように、場所や客層をしっかり分けるようにしています。例えば、新宿、渋谷、池袋といった若者が多いところで働いている子は、逆にサラリーマンなどが多くなる上野や品川、錦糸町といった客層が被らなそう場所を選んで掛け持ちをしています。

このやり方だとほとんどバレることはないですし、客層が異なるので、一つのお店にずっと出勤し続けるよりは、圧倒的に稼ぎが安定しています。

②その他の地方都市で働いている方(大阪、愛知、神奈川、福岡など)は、その府内や県内で掛け持ちをやっている方もいらっしゃいますが、ほとんどが出稼ぎを利用して掛け持ちをしています。(出稼ぎに関しては、「風俗出稼ぎってそもそも何!?」の記事を参考にしてください)

同じ府内や、県内でも場所をしっかり選べばバレない場合も多いのですが、これらの都市は一点に風俗店が集中していることが多いので、同じ地域を避けたい方が多いようです。

③それ以外の地域で働いている方(新潟、金沢、広島、長野、静岡など)は、完全に出稼ぎを利用して、掛け持ちを行っています。

これらの地域ですと、稼げる風俗店が限られていますので、掛け持ちをすればほぼバレてしましまいます。なので、県外に出て出稼ぎという形で掛け持ちをしています。

 

⒉掛け持ちは「通い」でやるべきか、「出稼ぎ」でやるべきか?

掛け持ちのやり方として、自宅から通って違うお店に行く方法と、泊まり込みで違う県に行って出稼ぎとして行う方法の2通りがあります。

それぞれのメリットとしては、自宅から違うお店に通う場合は、生活のリズムを変えずに新規のお客様を獲得しに行けるので、精神的な負担を軽めに掛け持ちを始めることができます。出稼ぎのメリットとしましては、通いの掛け持ちと違って、出稼ぎは必ず稼ぎの最低保証が付くので、通いの掛け持ちよりもさらに稼ぎを安定させることができます。(※参考記事「出稼ぎ風俗で保証が必ず付く理由とは?」)

逆にデメリットとしましては、通いの掛け持ちはあくまで通いでの勤務になりますので、新人期間を過ぎると今の在籍店と同じく稼ぎが不安定になる可能性があります。出稼ぎでの掛け持ちのデメリットは、今までに馴染みのない土地や、慣れない生活リズムで働くことによる、精神的な負担が少し大きい点です。

これらのメリット、デメリット、または住んでいる地域を踏まえたオススメの掛け持ち方法としましては、まず東京に住んでいる人で、今の在籍店で稼げなくはないけど、もう少し稼ぎの安定性が欲しいなという方は、通いの掛け持ちがオススメです。逆に、今の在籍店では全く稼げなくなってしまっている方は、日程を確保してでも出稼ぎでの掛け持ちをオススメします。

まずは、出稼ぎで保証を付けて働くことによって、生活を安定させることが重要だからです。

それ以外の地域に住んでいる方の掛け持ちのやり方としては、基本的には出稼ぎでの掛け持ち1本になると思います。掛け持ちがバレるリスクが大変高くなるので、通いでの掛け持ちはオススメしません。

ただ、「自宅をなるべく空けたくない」、「泊まり込みはしんどい」という方は、近隣の県(大阪でしたら、京都、兵庫、名古屋でしたら、静岡、岐阜など)に通うことによってバレる可能性がかなり減ります。少し移動が大変になりますが、一つの店舗にずっと在籍して稼げないような状況よりは、絶対に良いはずです!

 

⒊掛け持ちの時は業種は変えるべきか?

最後に掛け持ちの時の業種に関してですが、これに関しましては、働く場所によって変えるべきか、変えなくても大丈夫かが変わります。

例えば、大阪でデリヘルをしていて掛け持ちを考える時は、基本的には大阪以外の地域での掛け持ちになるので、ソープで掛け持ちをしても、デリヘルで掛け持ちをしても大丈夫だと思います。

これは、東京以外のほとんどの地域に当てはまります。

ただ、東京に関してだけは、少し話が変わってきて、例えば東京の吉原でソープをやっていて、新宿や五反田のソープを掛け持ちするのは止めておいたほうが賢明です。地域的に全く異なりますが、東京のソープのお店は、同じ都内のソープのお店を時々チェックしていますので、バレる可能性が高くなります。東京都内で、デリヘルなどのヘルスの掛け持ちはOKですが、ソープの掛け持ちは避けるようにしましょう。

 

まとめ

無料相談の方で、稼げなくなって困ってますという相談をよく受けるのですが、私は決まって掛け持ちの方を提案させてもらっています。ただ「掛け持ちはお店に禁止されていて…」という返答が多いのですが、私的には稼げないのに、お店のいいなりになる必要はないと思っています。

上手く掛け持ちをすれば、バレることはほとんどないですし、何より稼げなくなったお店をいつまでも気にして、生活が苦しくなるよりは、新規開拓をして少しでも生活が楽になる選択をしたほうが、絶対に精神的に楽になると思います。

なのでこれからも、まずは今のお店を辞めるのではなく、まずは「掛け持ち」から始めてみましょうと、私はご提案させてもらいます!

掛け持ちがどうしてもできないけど、稼ぎを安定させたいという方は、この記事の下の関連記事にいくつかトピックを用意していますので、そちらも併せて読んでもらえると嬉しいです。

本日も、読んで頂きありがとうございました。

 

Return Top